デザイナーと共に、新しいお洋服を作るためにとても大切な役割となるのが、パタンナーという職種。
パタンナーは、デザイナーによって生み出されたデザイン画から、イメージ通りになるよう、平面から立体としての型紙(パターン)を起こし、重要なサンプルを制作するのがメインの職種です。

では、具体的にどういった仕事を行って行くのか、一連の流れなどについてご紹介したいと思います。

「デザイナーと二人三脚のお仕事」

ベースとなるお仕事の内容はさきほどの述べた通り、デザイン画からパターンを起こしていくことに尽きます。
しかし、実際のお仕事はそう簡単に述べられるほど誰でもできるものではありません。

というのも、実際にお洋服を作ろうと思えば専門性の高い知識、そしてその知識に基づいて制作していくための高度な技術とが必要になってくるのです。
服って、購入する側に立ってみるとそこまで深く考えないかもしれませんが、でも私たちもちょっとした着心地なんかに敏感に反応していると思います。
シルエットや、肌への密着度、何か一つが少しズレてしまうだけで、最初に想定された着心地や形などとは全く似ても似つかないものができてしまう、ということも珍しくはないのです。

また、場合によってはデザインなど何もない状態からパターンを制作したり、指示を出すような仕事をこなす場面も出て来るでしょう。
デザイナーから下りてきたものを実際の形にする役割を担っていますので、最終的な製品を作り出すのがこのお仕事といっても過言ではないのです。

「どのようなスキルがあると便利?」

昔と違って、昨今はアパレルCADなどを使って作業する場合が多いので、最低限基本的な操作ができるようになっておくのがベターです。
その他には、特段求められるようなスキルはありませんが、専門的な知識はある程度以上に必要ですので、学習はマストだと思ってください。
デザインから生産までのフローなどが頭に入っていなければ、現場では何もできません。

もしあなたが転職などでこの職種を目指すということであれば、CADスキルを身につけているだけで、転職に有利に働きかけることができます。
どこまでも物作りの基本となる作業をコツコツ行うお仕事になりますので、そういった作業が好きな人には特に向いていると思いますよ。

また、洋服のパターンをつくるお仕事という特殊性から、求人等では経験者の募集が多いのが現状です。
未経験でこの職種を目指すのは難しい部分もありますので、注意が必要でしょう。


画像出典元:http://www.rittai.net/Pages/Vector/01.html