アパレル業界の中でも1位2位を争うほど人気の職種、それがデザイナーです。
アパレル未経験の方が目指す場合には販売スタッフなどの登竜門的な職種も人気があるのですが、この業界に入ることに対して長く憧れを抱いている場合、学生の頃から服飾系の専門学校に通うなど、学生時代からこの道に進むために努力を重ねている方も少なくありません。

そういった方の中から人気の職種を絞るとすれば、このデザイナーという仕事が一つピックアップされてくるのです。
いつかは自分自身のブランドを持ちたい
そんな夢を持つ方が多いのですが、具体的にこれを仕事にした場合、一体どのような形で関わりを持つことになるのか。

また、実際になるためには、どのようなスキルが必要なのかを少しご紹介しておきたいと思います。

「どんなお仕事内容になるの?」

もちろん、一言でいってしまえば、実に様々なお洋服を、企画からデザインまでこなし、最終的に世の中に出すことが一つの仕事と言えます。

これを更に細かくしますと、商品のデザインを作る為に、まずはデザイン画の作成や仕様書、指示書などの制作も必要になってきますし、製造メーカーへの細かい指示やコスト管理、サンプル云々など、かなり業務は多岐に渡ります。

自分の好きなデザインをただ世の中に出すだけ、と簡単に考えてしまっている人も少なくないのですが、そういったイメージを実際に形にして、更に流通に乗せていくことを考えると、多くの人々がその仕事に関わってくるわけですから、必然的に自分が見なければいけない範囲も、手元だけではなくなってくるのです。

もちろん、そのような事を充分にご存知の方にとっては、これほどやりがいのあるお仕事も少ないかもしれません。
まさに自分の中から出てくるものを形にして生み出すわけですから、最高のお仕事として一生を捧げるのも苦にはならないでしょう。

「どのようなスキルが必要になるの?」

このお仕事をするにあたり、特別に必要とされるような資格等は特にありません。
しかし、デザインの作成にあたって、生地や素材、縫製などに関する知識は十分に知っている必要があります。
これらの知識は、大抵の場合専門学校や大学などで学ばれる場合が多く、独学でというケースは少ないでしょう。

また、ファッションが好きだという気持ちはもちろん、他にはないセンス、周りの人々とうまくやっていくコミュニケーション能力なども必要です。
基本的には、デザインに関わる何らかの経験を積んでいる必要がありますので、経験者であることが求められるでしょう。