ファッションデザイナーを目指したい

ファッションデザイナーはブランドイメージや洋服を販売する季節、トレンド、ターゲットとなる購買層などの要素を頭のなかに入れ、ユーザーが「今欲しい」であろう魅力的な洋服のデザインを描き起こします。

デザイン画は洋服のイメージをただなんとなく描いただけのものではなく、洋服の素材感や縫い方まで周囲の方々にわかるように描かれています。

そのデザイン画をもとにパタンナーが洋服の型紙を制作。

それを元に試作品がつくられ社内で検討したあとに洋服の量産が開始されます。

デザイナーはデザイン画の段階から洋服が量産されるまでのすべての工程をチェックし、問題がないかを確認するのが仕事です。

ここではファッションデザイナーが取得すると有利に仕事が進められる資格を2つご紹介しています。


パターンメーキング技術検定

パタンナーを目指すなら取得したい「パターンメーキング技術検定」 デザイン画が完成した後、パタンナーが型紙を制作することを「パターンメイキング」と呼びます。

このパターンメイキングの技術がどのレベルにあるのかを認定するのが「パターンメーキング技術検定」です。

1級から3級まで認定級があり、認定しているのは一般財団法人日本ファッション教育振興協会となっています。

2級・3級は1次試験(筆記試験)と2次試験(実技試験)の2部構成となっており、筆記試験に合格した方だけが、後日実技試験を受けることができます。

年に1回しか試験がありませんので、資格を取得したい方は年に1回のチャンスを必ずモノにしてください。

1級になるとかなり難易度が上がるため、講習会も開催されています。

各級に対応したテキストブックも販売されているので、それを見ながら独学が可能。

これからファッションデザインだけではなく、パタンナーの仕事もしてみたい方、またはパタンナーの仕事を始めてみたい方に最適な資格となっています。


CAD利用技術者試験

デザイン画をデータ化する技術「CAD利用技術者試験」 CAD利用技術者試験は、一般社団法人コンピュータ教育振興協会が主催・認定する民間資格です。

最近はファッションデザイナーが作成したデザイン画を元にパタンナーが型紙をつくり、その型紙をCAD(キャド)と呼ばれる製図用のソフトで作成するのが一般的となっています。

パソコンを使用して製図を行うので、作業に慣れた方なら正確な型紙を作ることができます。

CADソフトの基本的な使い方が修得できているかどうかを認定するのがCAD利用技術者試験。

2級と1級の2つの認定級があり、2級から順に資格取得を行わなければなりません。

いきなり1級の受験はできませんのでご注意を。

2級は基礎的なCAD操作ができるかどうかが問われ、1級になると図面のトレースだけではなく、レイヤーや編集設定、投影能力などが試されます。

筆記試験と実技試験の2種類の試験があります。

平成2年に創設された試験ですが、現在までに約56万人が受験している人気資格となっています。

合格者は約19万人なので合格率は約34%とかなり難しい試験となっています。