アパレルブランドと聞いた時に、一般のみなさんが最初に思い浮かべるのはブランドイメージに関連するものではないでしょうか。

○○のブランドを着用しているモデルさんの姿が出てきたり、広告に関するイメージが人の脳裏には強く焼き付いているものですが、それらの元を辿っていけば、やはりそれも一つの職種として成立しているのです。そういった広告関連、外部向けPRを担っているのが”プレス”というお仕事。

今回は多数のアパレルブランドが”ブランド”たるイメージを保ち、外側に向けて発信していくために力を入れているこの職種の内容について、ご紹介をしていきたいと思います。

「どんなお仕事内容?」

外部向けPRと言われても、もしかしたらあまりピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。

具体的な業務内容としては、ブランドのことをどんどん外部に発信していくことが業務になるのですが、新しいコレクションを発表するための展示会開催であったり、時にはショーに出すなども行います。

そういった際には、招待する方をリストアップするところから、各所へ案内状を送付、当日は接客や注文の受注など、ただお洋服を出していくだけでなく、実に色々な雑務も一緒に行っていく必要があるのです。

また、ショーを開催する場合にはコレクションのPR方法を決めるために企画会議を繰り返す必要もあるでしょう。
外部マスコミ等の対応も大抵はプレスが行うものです。
新作を発表するときや、ブランドの動きについては随時、マスコミ等に発信していくたのプレスリリースを重ねていく必要があります。
取材対応が必要になりますので、自社ブランドに関する知識、その他のブランド動向などは常に頭にしっかりと入れこんでおかなければなりません。

また、それらの情報を正確に、みなさんに伝わっていくように上手くアウトプットするテクニックも議津用になるのです。
また、外部向けのPRとして大きなウェイトを占めているのが広告やウェブサイトでの戦略です。


画像出典元:https://www.t-w-c.net/topics/detail/?id=252

人気職種ゆえに経験者が有利な狭き門

最近では、テレビや雑誌だけでなくインターネット上での戦略というのも重要とされてきました。
ただ、それでもこの業界に限って言えば、今でもまだ基本的には雑誌に関する広告での戦略が主たるものとされています。
どのような写真を用いて、自社のイメージをどう訴えていくのか、効果的な方法を探る為の会議も必要となってくるのです。

人気職種であることから、基本的には魅力ある経験者を欲している企業が多いのが実情です。
新卒で入る場合は問われませんが、そういった意味でも、もしこの職種への転職を考えるなら、狭き門に挑戦する覚悟が必要となるでしょう。